道に迷っている人がいたり、道を聞かれることもあるかと思います。

相手の方はおそらく日本語で話しかけてくることでしょう。

拙い日本語でも、日本語で話しかけてきたら、無理をして英語や中国語など相手の方の言語で応答する必要はありません。

ただし、「どうも日本語を使うのが苦しそうだな…」と思われる場合は、勇気を振り絞って英語で聞いてみましょう。

その時、「あなたと英語でお話ができますよ」と言えばいいと思います。

その表現が、

I can talk to you in English.(アイ・ケン・トーク・トゥユー・イニングリッシュ)

です。

発音的にはかっこのような言い方をしたほうが通じると思います。

canは“キャン”とも言いますが、さらっと言う場合には“クン”や“ケン”のような音に近くなります。

また、toは軽く発音するので、“トゥー”と伸ばさず、“トゥ”もしくは、軽く“タ”のように発音します。

in Englishは“n”と“E”がくっついて“ニ”のようになるので、「イニングリッシュ」のようになります。