さて、「キャナルシティ is a large commercial complex」と教えてあげた相手に、こう聞かれたらどう返しますか?

「ところで、なんで“キャナルシティ”って名前なの?」

キャナルシティに行ったことがある方にはわかると思いますが、この建物の中には小さな運河が流れていますね。

「キャナル」とは

canal(“クニャル”と発音します。”ニャ”にアクセントがあるので、ここを強めてください。)

とつづり、これが

「運河」

の意味になります。

これが名前の由来なので、それを言えばいいと思います。

つまり、「運河が+流れている+建物の中に」と伝えればいい。

それぞれ英語をすると、、、

「運河が」: A canal (ア・クニャル)
「流れている」:runs(ゥランズ)
「建物の中を」:through the facility(スルー・ザ・ファスィリティー)

A canal runs through the facility.となります。

facilityとは「施設」という意味です。

「buildingじゃだめなの?」という声が聞こえてきそうですが、「別にbuildingでもいい思いますが、facilityのほうが、より正確にイメージしてもらえます」というのが答えです。

なので、「facilityとか覚えきらん!!!」という方は、buildingとしておいてもいいでしょう。
(英語ができる人は、「正しくないんじゃない?」というかもしれませんが、何も言わなかったり、固まってしまうよりはマシです。ストレスを感じると、英語はつまんなくなりますから、、、)

キャナルシティーといえば、「噴水ショー」が有名ですね。

「噴水ショー」は

fountain shows(ファウントゥン・ショウズ)

といえば伝わります。

これを、

You can see ~(ユー・ケン・シー)

の後において、

You can see fountain shows there.(ユー・ケン・シー・ファウントゥン・ショウズ・ゼア)

「あなたはそこで噴水ショーが見れるんですよ」
※there=「そこで」

と伝えてあげれば完ぺきです。